メインPC完全移行計画(その4)~Ryzenマシン(ひとまず)完成~

キャプチャ&エンコードが主たる目的のメインPCをRyzenマシンに置き換える計画を実行中です。とりあえず、旧メインマシンの録画環境は維持した上で、少しずつRyzenマシンに移行する予定で、まずはRyzenマシンを完成させるところからがスタートです。


Ryzenマシンをとりあえず完成させたのが前回。

Ryzen 7 1700マシンを作る – TECH-SURF

マシン構成
CPU:AMD Ryzen 7 1700
マザーボード:MSI B350 TOMAHAWK
メモリ:Corsair VENGEANCE DDR4-2666 8GB×2(CMK16GX4M2A2666C16R)
SSD:Crusial M550 256GB
HDD:Seagate 3TB(ST3000DM008)
グラフィックボード:Sapphire NITRO RADEON RX 460 4G GDDR5
電源:Enhance 800W(GOLD)
ケース:Silverstone RAVEN 2
その他:Earthsoft PT1

PCを組み立てた後、Windows 10 proのインストール&ドライバをあてる作業は比較的スムーズに終わりました。やっかいなのはPT1の設定。PT1はEDCB+TVTest+Spinelという構成ですが、とりあえずSpinelは後回し。さきに予約録画+視聴ができる状態にすることにします。

EDCBは安定動作すれば特に設定を変更することはありません。そのため、めったにセットアップ作業を行わないので、一から設定するときにいつも戸惑います。EDCBやBonドライバーをどのバージョンでいくのか迷うわけです。幸い同じWindows 10で動く旧マシンがあるので、EDCBとBonドライバーのバージョンをそろえました。おかけで思ったよりは作業が早く完了(あの勢いのままSpinelも設定すればよかったと後でちょっと後悔)

MSIのB350 TOMAHAWK(トマホーク)はSATA3ポートが4つしかありません。システムはM.2を使えということなのでしょうが、手持ちのSSDを流用したのでHDD用は3つしか内蔵できない計算です。HDDをケース内に固定しても良かったのですが、録画用に大量にHDDを使うということもあり、3台分は5インチベイにリムーバブルとして装着することにします。これまた大昔に購入していたLogitecのリムーバブルベイを資産活用。買うときに赤色と紫色で迷って、紫色にしたのですが、かなり後悔。赤色にしておけば良かった……なお、黒いラチェット付きのSATAケーブルが手元になかったので、中央はダミー状態です(早く自作パーツ用工具箱を探さなければ……)

RAVEN 2は巨大な上に、サイドパネル裏も余裕が十分なので裏配線作業は極めて楽。適当にとりまわしても十分すっきりします。一番下(RAVEN 2だと左・笑)のPCIスロットは電源コネクタやSATAケーブルで使うのが難しい状態。そのうちL字型のケーブルに交換する予定です。天面のケースファンも赤色LEDのファンにしよう、そのうち。これにて、ひとまず完成。

Ryzen 7 1700マシンが一応完成しました。まだ、セッティングも残っているのでOCやエンコード作業は未着手ですが、約2日使った感想をまとめます。

・超省電力
本日、旧マシンのCPUを、Core i7-2600KからCore i5-2500TというTDP45Wの低電圧版CPUに差し替えてワットチェッカーで電力を測定しましたが、結論は、RX460を装着したRyzenマシンの方がグラボなしのSandy Bridgeマシンよりもアイドル消費電力が低いことがわかりました。これは、そのうちブログに書きます。

・メモリ
TOMAHAWKでは2400が定格のようで、2666はOC扱いでした。特に設定は詰めることなく2666で動いています。ただ、掲示板の書き込みを見る限り、メモリ回りはまだまだ不安定なところがあるそうなので、要注意です。

・CPUクーラー
純正のCPUクーラーですが、めちゃくちゃカッコイイです。赤色LEDがすばらしい(TOMAHAWKの赤色LEDと合っています)。冷えるかどうかはおいておいて、とにかくカッコイイのでしばらくこれでいく予定。少なくともThermalright用のAM4金具が届くまで、CPUクーラーは変更なし。TRUE Spirit 140か使えるならUltra 120 Extreme(俗称:しげらない)でいこうと考えていましたが、もしかすると純正でいくかもしれない……というくらいカッコイイです。1700は結構OCで回るらしいので、クーラーのない1700Xよりもおすすめかも……。

・BIOS(UEFI)
BIOSに入るまでが異常に長い。ブラックアウトした状態なのでかなり不安になるレベル。ただし、Windows 10のスリープからの復帰はとても早いので、実用上はそれほど困らないのだけれど……。BIOSアップデートで直るのだろうか?

~続き~
8コア/16スレッドのRyzen 7 1700でエンコードしてみた(ただし、ちょっとダウンクロック) – TECH-SURF

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。